ディボットパッチ

コンクリート床の欠け穴でお困りの方に

  • 標準価格:1,600円(税抜)
  • 内容量:360g

欠け穴に流し込むだけ!すばやく欠け穴を補修します

ディボットパッチは超速硬セメントとビニロンファイバーと細骨材を配合したコンクリート用欠け穴補修材です。
流し込むだけで簡単にすばやく欠け穴を補修します。

コンクリート表面にできた欠け穴は放置すると、欠け穴が広がる、コンクリートの中性化を早め劣化が進行する、鉄筋のかぶり厚が少なくなる、つまずいたりして危険。…など、さまざまなトラブルの原因となります。

ディボットパッチの特長

  • 超速硬、約1時間で実用強度になり下地のコンクリートと一体化します。
  • 高強度セメント(60N/mm2)なので充填箇所は極めて丈夫です。
  • ビニロンファイバー入りで引張強度に優れ、ひび割れを抑制します。
  • 膨張剤入りで乾燥収縮によるヤセがなく、隙間の充填や角欠け(型枠要)の補修も可能です。
  • 低粘度で流動性が高く、流し込んで、平らに均すだけの簡単補修です。

※当て板やガムテープによる流れ止め型枠が必要です。

ディボットパッチの使用前の準備

         
容器を逆さにしてよく振り、底のかたまりをほぐします。キャップを取りはずします。キャップすりきり2杯分(約36ccX2) の水を入れます。   キャップをつけ、水が全体に行きわたるよう、よく振って中味を混ぜます。底に水が行きわたらない時は容器を逆さにして角をたたいてよく振ります。   キャップ先端をはずし、準備完了です。

このページTOPへ

ディボットパッチの補修方法

1.補修前
欠け穴内のゴミをハケなどで取り除きます。

2.水で濡らす
ドライアウト防止のため欠け穴と周辺をハケなどを使い、水で濡らします。 水たまりは布で拭いてください。

3.ディポットパッチ充填
充填前に容器を振ります。欠け穴に充填します。

4.硬化前の整形
ヘラやコテなどで平らに均します。

完了(1時間後)
硬化後凸があれば、サンドペーパーやサンダーをかけるとよりキレイに仕上がります。

    [ご注意]

  • 水を混ぜてから20分以内に補修を完了してください。
  • 容器内で片寄って固まりができないよう、時々振って混ぜてください。
  • 薄塗りのしごき補修には適しません。

このページTOPへ

ディボットパッチのご購入について

  • コンクリート床用です。流動性が高いので壁面には使用できません。
  • 濃い目のセメント色です。

1~9個のご購入はこちら

ディボットパッチ 内容量:360g

補修数の目安:約20ヶ所
直径4cm、深さ2cmの円錐状欠け穴

  • ※あくまで目安なので実際とは異なる場合があります。

¥1,500-(税・送料別)

数量

10~30個までのご購入はこちら

ディボットパッチ 内容量:360g(送料無料)

補修数の目安:約20ヶ所
直径4cm、深さ2cmの円錐状欠け穴

  • ※あくまで目安なので実際とは異なる場合があります。

¥1,500-(税別・送料無料)

数量

  • ※オンラインショップでご購入いただける数量は30個までです。
    31個以上を希望される場合は、TELまたはFAXにてご注文ください。

このページTOPへ